カウンセリング

部下を軽蔑している上司は、部下の協力は得られない

2019.02.03

相手の身になってみる

相手の「ある状態」をどう見るかが、視点で違ってくる。
その人の持って生まれた性質や、その人がどのような環境で
育ったかによって出来上がった性格によって、「ある状態」の
意味が違ってくる。

またこちらが相手をどう見ているかによって、さらに大きく違ってくる。
仕事に熱中していない人を見て、どう判断したらいいのか。

「熱中していないからといって、興味がない」と判断していい人もいれば、
「熱中していないからといって、興味がない」と判断してはいけない人もいる。

どうも彼はこのプロジェクトに今熱中していない、興味がないのだろう、
配置変えをしようかと考える上司もいるだろう。

その上司はその部下のことを思っているのであるが、部下のためになることを
しているかどうかは、別の問題である。

正しい判断をするためには、一人一人をじっくりと見て判断しなければならない。
例えば自分はその部下を好きか、その部下を認めているかを相手の身になって
考えてみる。

相手を認めるときに、相手はこちらのことも認めてくれる。
自分が相手を認めないでおいて、相手が自分の期待通りに動かないと
いって怒っても、それは無理な話である。

どんなに目的がよいことでも、部下を軽蔑している上司は、部下の協力は得られない。
上司と部下が逆になっても同じである。

よくビジネス書には「上司を煽てろ」とか「部下を誉める」とか書いてある。
しかし相手の身になって誉めることである。

こちらが相手の身になって相手を見つめるときに、相手もこちらを見つめる。
人の意見を聞かない人は、自分で自分の首を絞めている。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728