カウンセリング

上司の態度は部下に不公平だと心の底で感じている

2019.01.27

心の疲れはエネルギー消耗の合図である

バリバリ仕事をしている人もいれば、ちょっとのことをやっても
すぐに疲れてしまう人もいる。

その差がすべて心の葛藤というわけではない。
しかし、その重要な要因は、心の葛藤である。

対人関係で疲れるというのも、一つには心の葛藤が原因である。
疲れる人は相手との今の関係に、心の底では納得していないのである。

相手との今のあり方に心の底では不満であるのだが、その不満を
表現できなかったり、意識できなかったりする。

心の底では、もっと自分は相手に堂々としていていいと感じている。
心の底では、相手は自分に対してもっと礼儀正しく振る舞うべきだと
感じている。

相手はもっと自分の要求に従って動くのが当然だと感じている。
しかしその不満をどうしても表現できないし、ときにはその不満を
意識できない上司との関係でも、心ならずも従順になってしまう。

上司の態度は部下に不公平だと心の底で感じている。
今の自分と上司との関係に、心の底では腹を立てている。

なんで同僚のあいつはいつも雑用を頼まれないで、自分だけ頼まれるのだと
心の底で不満である。

こんな人間関係は、その人の心を緊張させるのである。
そのような人といると心理的に緊張している。

不満からくる心の緊張というのも、人を疲れさすものである。
この人のエネルギーは無駄に消耗されている。

この人はもともと他の人と違って、エネルギーがないというのではない。
この人は何事も成し遂げられないままで、自分のエネルギーを内的緊張で
消耗させたまでである。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031