カウンセリング

カテゴリー:神経症・うつ

遠くから見守ることも愛

2019.03.08

近づきすぎて傷つけ合う相手と適切な距離をとれる人は、素直な人である。素直な人は、その時その時で相手を見ている。その状況で相手を判断する。そして、例えばこの人は今は一人でいたがっていると観察できる。そして、今は…

詳細を見る

その無理が心の病を悪化させる

2019.03.05

どう回復していいかわからない抑うつ状態になると、はたから見て幸せそうに見えることでも本人はちっとも幸せではない。むしろ苦痛である。友達はいっぱいいる。家族もいる。お金に不自由はない。いろいろな人と食事をともにして…

詳細を見る

うつ病者は笑わない

2019.03.02

業績は人を救わないと知っている焦って仕事をしていてもやがては求めるだけの成果が得られない。仕事を続ける割には能率が落ちて、成果が上がらなくなる。自然と接しているときに心の中に焦りがあるかもしれない。しかしそれこそ…

詳細を見る

うつ傾向の強い人が避けるべき人

2019.02.15

不安を煽る人 うつ傾向の強い人は、不安を煽る人を避けなければいけない。「大きな地震が今度来たらどうする~?」「なんか顔色悪いんじゃない?」心配してくれているようで、ただ不安を煽る。具体的にアドバイスをしてくれ…

詳細を見る

鬱病者の心理の特徴

2019.02.09

未来や自分や、自分を取り巻く世界に対する悲観主義困難に直面し、その時点で自分の力で出来る何かをする、そのことが結果を良くする。その体験の積み重ねの中で自分に自信が出来てくる。鬱病者は逆である。だから何かがあったら…

詳細を見る

仕事熱心に見えるが、じつは怠けていたい

2019.02.02

無責任な幼児期に戻りたいという願望ルーズな人よりも几帳面な人のほうが社会的な活動をするうえでは望ましい。いい加減に物事を済ませる人よりも完全主義な人のほうが、どちらかと言えば社会から望まれる。無責任な人よりも義務…

詳細を見る

うつ病者は愛を求めている

2019.01.29

愛が欲しい、でも憎しみがあるうつ病者は「もうダメだ」と言いつつ、同情や注目を求めている。それは自分の苦しさを人々に注目させて、愛情を求めるという神経症的愛情要求でもある。惨めさの誇示も憎しみの間接的表現であり、同…

詳細を見る

「良い子」になることで逃げてきた

2019.01.23

与えられたのは、求めていない愛という名の干渉だったうつ病者はやればできるのに、しない。普通の人は、そう不思議がる。それは、まず愛情が欲しいからである。赤ん坊があやしてくれていたお母さんから、強制的に離されたらどうなる…

詳細を見る

心の温かい人と心の冷たい人

2018.12.07

心の病を支えられる人「心が温かい人」が心の病を支えられる人。「心が温かい人」というのは、その人のために骨折ることを苦にしない人。あーだ、こーだと口出しだけする人やアドバイスする人は心が温かい人とは言わない。何故、…

詳細を見る

相手の不機嫌が何故それほど気になるのか

2018.11.02

心理的に健康な人は帰る自分を持っている相手の声の調子一つで存在が脅かされるということは、相手がそこまでその人にとって重要であるということである。相手なしに生きられないからこそ、相手の声の調子にさえ心が動揺してしまう。…

詳細を見る

他人のお金を自分のために使っても当然だと感じだす心の働き

2018.11.02

自分の欲求が満たされることは正義である神経症的要求を持っている人は、傍若無人な態度をとり、周りの人は皆自分に奉仕すべきだと信じ、そしてそのようにわがまま勝手な欲望が全て叶えられるべきだと感じている。他人の給料のほうが…

詳細を見る

計画通りに固執する人は実は不安だからである

2018.11.02

神経症的になるとどちらか一方を捨てることができない全てが自分の思い通りに効率よくいかないと気が済まないという人がいる。そういう人はどこかで何かにしがみついているのである。現実は思い通りにはいかない。そんなに自分の都合…

詳細を見る

周囲に思いやりのある人は一人もいなかった

2018.10.30

温かさを与えてくれるような人を憎んでいたりする神経症的な人は、人と触れ合って生きてこなかったのである。だから触れ合うということが理解できない。そして、自分は触れ合いの体験がなく生きてきたということにも気がついていない…

詳細を見る

自分にだけ何か特別に安易な方法はないかと思う

2018.10.18

何も努力をしないで神経症的要求を持つ人は、とにかく幸運なり、他人が自分に何かしてくれることを待っている。幸運をいつまでも待っている。自分のほうから何かを仕掛けていくということをしない。淋しい時、自分から人に連絡するこ…

詳細を見る

人は心が病むと選択の幅は狭くなる

2018.10.18

ある一つの反応の仕方に固執するからストレスに満ちたものになる人は大人になればいつも解決しなければならないいくつかの課題を抱えている。しかし、同じ課題を抱えていても人によって感じる困難や辛さや苦しさは違う。同じ課題を抱えな…

詳細を見る

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031