カウンセリング

弱点が気になる女

2019.02.12

弱点だって自分らしさの一部

自分の弱点にとらわれる人は、完璧への強迫性が強い。
自分は完全であらねばならないと思い込むから、自分の
弱点が気になるのである。

完璧に女らしくなければいけないと思い込んでいる人は、
自分の女らしさに不安である。

いつも男性から、自分の女らしさについての賞賛の言葉を
聞いていないと不安になる。

いつも自分は女らしいという保証を男性から得ていないと、
不安なのである。

男性は女性に、そんなに女らしくなければいけないなどと期待してはいない。
普通に女らしくあれば充分である。

完璧に女らしくなければならないと強迫的になって、
実際の自分を拒否している女性は、充分に男性を受け入れることができない。

自分を拒否してしまう者は、どうしても他人を拒否してしまう。
それはおそらく、自我が強すぎるのである。

つまり欲求が抑制されている。自分は何がしたいのかが分からない。
少なくとも自分が何をしたいかより、他人が自分に何を期待しているかと
いうことのほうが重要である。

自分が完璧な女であるかどうかということばかりが心配になり、
相手の男性への好意が積極的にならない。

自我が強すぎて、欲求が抑制されていればそうなるのは当たり前である。
自我が強すぎると、自然なやさしい感情のようなものが欠けてくる。

自我の強すぎる人は、自然の感情の発露がないが、
それは神経症的自尊心の表われでもあろう。

何か自然な感情は悪いこと、自分にとって屈辱的なことと感じている
のではないだろうか。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728