カウンセリング

そう簡単に人は変われない

弱い人として今を生きれば、トラブルは避けられない

今の体験の心理的枠組みをつくったのは、その人の成長期の体験である。
昔々の話である。その昔々の体験が生涯にわたって影響する。

だから、現在の体験がどんなに恵まれていても不満である。
どんなに素晴らしい人に囲まれていても、怒りを感じている。

要するに、恵まれた環境にいながら欲求不満の塊の人は、
現在に生きているのではなく、過去に生きているのである。

周囲の世界は変わったが、その人の心は変わっていない。
人の心は「過去」と「想像」に影響される。

しかし本人は「現在」と「現実」の中で生きていると錯覚している。
だから人間関係のトラブルは絶えないのである。

支配的な親の期待と衝動に沿って成長した者は、自己実現できていない。
そして自己実現できないことの怒りは、人々の想像を超える根強いものがある。

しかも自己実現していないことからくる憎しみは、
漠然としているが故にきわめて意識しにくいものである。

例えば人への憎しみなどは、無意識のメカニズムを
理解すると意識化しやすい。

人から虐待されたとか、侮辱されたとかいう直接の行動に対する憎しみは、
いったん無意識に追いやられたとしても意識化しやすい。

自己実現できなかったことに対する怒りは、無意識に追いやられたままで、
長くその人への影響を保持し続ける。

大人になってからの日常生活でも、無意識にあるものが
心理的に普通の人を支配者にしてしまう。

例えば妻の許しを得なければ何もできない夫のような人である。
妻に昔の支配的な親と同じ役割を持たせてしまう。

この過去の支配の中で、弱い人として今を生きれば、トラブルは避けられない。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728