カウンセリング

劣等感が深刻な人は騙されやすい

人を見抜く力がない

質の悪い人が、味方のふりをして、色々な間違った情報を持ってくる。
本当は言っていないこと、あるいはそういうニュアンスで言ったのでは
ないことなどについて、「あの人があなたのことをこう悪く言っていた」と言う。

質の悪い人とは味方の顔をしているが、実はあなたの失脚を願っている人の
ことである。

表面はいつも味方を演じている。そして憎しみを穏やかでニコニコした
笑顔で隠している。

すると人を見抜く力のない人は、間違った情報を元にして、ある人に怒る。
劣等感の深刻な人はすぐに傷つく。だからそうした操作に乗りやすい。

劣等感が深刻で、人を見る眼のない人は、質の悪い人にいいように
操作されてしまう。

ある人が本当は味方なのに、その人を敵と思って動き出す。
そうすればもともとは味方の人も面白くない。
その人との間でも喧嘩が始まる。

ある集団の人々があなたに好意を持っている。
しかし質の悪い人が「あの集団はあなたの悪口を言っていましたよ」と
告げ口をしてくる。その人はあたかもあなたに好意を持った忠臣を演じる。

その質の悪い人は、もともとあなたが嫌いであなたの失脚を願っている。
それなのに劣等感の深刻なあなたは煽てられたり、忠臣を演じられると
コロッと騙される。

そこで傷ついたあなたはその集団を憎み出す。
もともとはあなたに好意を持っていた集団の人々も、あなたの憎しみに反応して
あなたに好意を失う。こうして消耗する戦いが始まる。

こうして人を見る眼がない人は、質の悪い人に操作されて、
次から次へとトラブルを起こすのである。

あなたが憎んで戦っている人達がもともとはあなたに好意を持っていた人達であり、
あなたの忠臣を演じている人が、あなたの敵なのである。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728