カウンセリング

相手を親と思うから親を恨む

2019.01.18

親への憎しみが消える時

喜怒哀楽のない子供は、感情のない親になっていく。

自分の子供が点滴をしている。
親はそれを見て、「かわいそう」と言うが、

かわいそうという実感が伴わない。
だから、点滴をしている子供のそばでお菓子を食べられる。

何十年一緒に暮らしても、いつも初対面のような関係。
積み重ねなしの関係。

神経症的傾向の強い人には、親子関係も夫婦関係もない。
すべて他人。

それなのに、子供は相手を親と思うから親を恨む。
神経症的傾向の強い親は、子供に食べさせてやってるのにと思う。

親には親の感覚も夫婦の感覚もない。
他人を自分の家で預かっているのと同じ。

どこからかお金をもらいたい気持ちである。
だから、子供が「何もしてくれなかった」と親を恨んでいる場合には、
親も「こんなにしてあげたのに、恩知らず」と子供を恨んでいる。

子供が不幸である時のみ、活力の出る親がいる。
このことが理解できれば、親への憎しみは消える。
淋しさは感じるだろうが。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031