カウンセリング

自分の心が素直な人だけが他人の心を理解できる

もっともらしい理屈をこねまわす大人はたいていケチである

小さな子供はケチである。弟が何か親からもらえば兄は不満になる。
自分が損しなくても、弟が得したことは許せない。
憤然として兄は親に抗議する。ちっ(怒った顔)

そしてそれは大の大人だって同じことなのである。
自分に何の影響もないことでも、自分の関係する他人が得をすることは許せない。

しかし大の大人はなかなかこれを、九歳の兄のように素直に表現できない。
そこでもっともらしい理屈をつける。

自分でもその理屈をもっともだと思っていたりする。手(パー)
自分はケチな人間だと認められない。

もっともらしい理屈のつかない時は、なんとなく不愉快になる。
自分より他人がほんのちょっと得したというだけで、そんなに
自分は怒っているのだと気づかない。

色々もっともらしい理屈をこねまわす大人はたいていケチである。
そして自分のケチに決して気づこうとはしない。

そこで何か分からないけどよく不愉快になるのである。
あるいは不機嫌に苦しむのである。ふらふら

「何か分からない」のは自分に嘘をついているからである。
心の底では何だか分かっている。

ただ意識の上で分からないだけである。
実際は幼稚でケチな人間なのに、立派な大人だと意識の上で
錯覚しているから「何でだか分からない」のである。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2018年10月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031