カウンセリング

カテゴリー:メンタルヘルス

上司の態度は部下に不公平だと心の底で感じている

2019.01.27

心の疲れはエネルギー消耗の合図であるバリバリ仕事をしている人もいれば、ちょっとのことをやってもすぐに疲れてしまう人もいる。その差がすべて心の葛藤というわけではない。しかし、その重要な要因は、心の葛藤である。…

詳細を見る

悪循環する不幸な人の思考回路

過去に捕らわれて、今を生きられない嘆いている人は、過去ばかりでなく現実を見たくない。そして事実、現実を見ない。過去にこだわるのは今の苦しみを楽にするためである。そして逆に今が苦しいから過去を抜け出せない。…

詳細を見る

ある恋愛

2019.01.25

お互いに好きでありながら挫折した男性は性的能力が強くなければ恋人を引きつけておけないと思い込んでいた。相手の女性はそのように望んでいると、相手の女性の欲求を勝手に決めつけていた。女性のほうは女性のほうで、女は性的…

詳細を見る

「愛されていないかもしれない」と不安を感じたら

2019.01.24

楽しいと思う体験を続ける何事にも順序がある。体の病気だって重病の人がいきなり健康になることはない。心の病だって、治るには治る順序があるだろう。しかし一気に立ち直る方法を要求する人は多い。悩みを乗り越えるに…

詳細を見る

「良い子」になることで逃げてきた

2019.01.23

与えられたのは、求めていない愛という名の干渉だったうつ病者はやればできるのに、しない。普通の人は、そう不思議がる。それは、まず愛情が欲しいからである。赤ん坊があやしてくれていたお母さんから、強制的に離されたらどうなる…

詳細を見る

自己憐憫 ~いい人を演じてねじれていく~

2019.01.23

同情を求めて自分の哀れさを延々という夫に愛人ができて離婚された奥さん。自己憐憫に陥っている。愛人の話をした後、彼女は続けて「私は慰謝料を一銭ももらってこなかった」と付け加える。彼女は「私は慰謝料を一銭もも…

詳細を見る

自分で自分を責めても変わらない

2019.01.22

「こうあってほしい」という親の期待から逃れるために自分を大切にするということの本当の意味はなかなか分かりにくい。それは神経症的要求のみが感じ取られて、肝心の自分というものが感じ取れないからである。絶えず自分を責め…

詳細を見る

子育ても過程に目を向ければそれは豊かな時間である

2019.01.21

観察から学ぶことは大きい競争社会においては、過程でなく結果ばかりに目がいってしまう。子供の遊びもそうである。子供は遊びの結果、何かを達成しようとしているのではない。遊びそのものの中に意味を感じている。しか…

詳細を見る

部下に不満な上司

2019.01.20

しなくてもいいことをして不満になる人を動かせないと嘆いている人を見ると知恵がない。知恵がないということには二つのことが言える。一つは、しなくてもいい努力をする。もう一つは、努力の仕方が間違っているということである…

詳細を見る

意識と無意識の乖離

2019.01.20

時間をかけて無意識を意識化する不幸を受け入れられない人は、現実から逃げている人である。不幸を受け入れられる人は、現実と向き合っている人である。人が現実の世界で幸せになるためには、不幸を受け入れるしかない。しかし幸…

詳細を見る

男にとって重い女

2019.01.19

恩着せがましさは愛情の押し売り心の葛藤を、他人を巻き込んで解決する人がいる。例えば、恩着せがましい人である。自分がリンゴが欲しい。自分がリンゴが食べたい。しかし、「リンゴを欲しい」、あるいは「リンゴを食べたい」と…

詳細を見る

相手を親と思うから親を恨む

2019.01.18

親への憎しみが消える時喜怒哀楽のない子供は、感情のない親になっていく。自分の子供が点滴をしている。親はそれを見て、「かわいそう」と言うが、かわいそうという実感が伴わない。だから、点滴をしている子供のそばで…

詳細を見る

子ぼんのう

2019.01.17

満たされざる一体化願望の代償的満足よく子ぼんのうというと、子供にとって素晴らしい親というイメージがある。しかし、実は子ぼんのうの親は、むしろ子供の心を理解していない場合が多い。うつ病になった人や神経症に苦…

詳細を見る

人は自己蔑視すると傷つきやすくなる

人間関係で誤解が生じる原因傷つきやすい人は、実際の自分を恥ずべきものと感じている。そして自己蔑視している人が実際の自分を恥ずべきものと感じていることは、外からは見えない。そこに色々な誤解が生じる。自己蔑視…

詳細を見る

神経症的な人は、自分を恥じる気持ちがありながら、それを隠す

2019.01.15

本気で愛を求めると自分を恥じる気持ちが消える方向に向く栄光は不安から人を救わないが、愛は不安から人を救う。栄光は人に安心を与えないが、愛は人に安心を与える。神経症的になってしまった人、神経症的自尊心を持ち続けてた…

詳細を見る

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031