カウンセリング

カテゴリー:メンタルヘルス

強度な神経症者は手に負えない

2018.10.18

全て物事は自分の思い通りになってしかるべきである悩んでいる人の言うことは間違っているというよりも、偏っている。「私はこんなに悩んでいる」ということは確かであろう。しかしそれだからといって、周囲の人に対して特別な権利が生じ…

詳細を見る

人が本当に幸福になるということは、そんなに生易しいことではない

スキャンダルを追いかける人の心の底人の不幸を願うことは卑しいしかし自らの心の不安を他人に優越することで解消しようとした人は、人の不幸を願わざるを得ない。人の不幸を願うというより、人の不幸を必要とするといったほうが…

詳細を見る

母親を理想化していないか?

2018.10.18

母親からの心理的離脱が心を開く条件である誰だって母親に愛されたい。それは人間としての本質的な願望であろう。だからこそほんのわずかの思い出でもそれにしがみついて、「でも母親はやさしくもあった」と思いたいのである。母親の…

詳細を見る

自分が周囲の人に意地悪をしているから周囲の人が怖いのである

自分が周囲を敵にしてしまったから守る必要が出てきた真面目で努力しているのに何かがうまくいかない人は、理解すべきことがある。貴方の努力が足りないからうまくいかないのではない。周囲がそれほど悪いのではない。いわんや、貴方が有能ではない…

詳細を見る

いつも恐怖に対して身構えている

2018.10.18

完全であれば安心できると思っているこうあらねばならないという意識が強すぎる人がいる。疲れていると、早く疲れをとらなければならないと思う。そして熟睡しなければならないと焦る。そして熟睡しようと、意識して努力する。…

詳細を見る

神経症的な人は自分の限界を無視している

2018.10.18

自分の限界を無視して、あたかも理想の人間であるかのごとく振舞うもし零細企業が、大企業と同じ巨大なプロジェクトを実行しようとしたら、どうなるであろうか?もし中小企業が大企業と同じ売上高を目標にして行動したらどうなるであ…

詳細を見る

あなたが変わらない限り悲劇は繰り返される

無意識の領域で自分はのけ者であるという感じ方をしている不安な人は相手の声の調子一つで関係の破壊まで予測してしまう。事態が深刻なのではなく自分の心の中が深刻なのである。心の深いところで相手とつながっていないので、ちょっとした相手の顔…

詳細を見る

自分で何も決められない

2018.10.18

いちいち人に聞いて確かめないと気がすまない神経症的な考え方の特徴の一つに、自分一人では何事も納得してすますことができないということがある。そんなことは人に聞かないで自分で考えて、自分で納得していればいいではないかとい…

詳細を見る

ケンカもできない、親しくもできない

2018.10.18

敵意と愛情が心の中で葛藤している時には心を開きようがない心理的に成長した人は、いつも憂鬱な顔をしている人を見ると「なぜ、いつまでも憂鬱な顔をしているのか?」と不思議に感じたりする。あるいはそのような暗い顔をしている人を避ける…

詳細を見る

情緒的に成熟した人は、与えることに喜びを感じる

常にある申し訳ないという気持ち与えることを喜ぶ人と、与えることは貧しくなることと感じる人とがいる。与えることは貧しくなることと感じる人は、たとえ子供のためであっても与えることを辛く感じる。従って与えることにどうしても…

詳細を見る

規則にしたがって規制されることに激怒する

2018.10.18

特別扱いしてくれないのが許せない自分はただの人ではない、と思うことで自分の心の葛藤を解決しようとする人がいる。自分は普通の人ではない、と自分を栄光化することで、自分が普通の基準で評価されることを避けようとする人がいる…

詳細を見る

悩んだときに相談する相手を間違えてはいけない

いつも悪口を言う人は人の不幸が楽しいのである努力している人でもダメな人はダメである。自分を偽って努力している人は暗い顔をしている。そういう人はどんなに努力して表面は立派に見えても、幸せにはなれない。なぜなら、…

詳細を見る

自分を隠そうとするから疲れてしまう

生き方の不自然さ自分自身を表現することを恐れている人は多い。そして、自らの喜びや悲しみを表現することを「はしたない」という形で抑えていることが大変多い。したがって、自分自身の感情を素直にそのまま表現することに対する社会的抑制が…

詳細を見る

怖れる者に親しい友はいない

勇気のある人と卑怯な人との識別もできない自分が心の底で感じていることを意識できないのは、その心の底で感じていることが、自分が怖れている者にとって好ましくない感情だからであろう。自分が心の底で感じていることは、自分が怖れている者の…

詳細を見る

自分に欠けているもので悲観することはない

笑われる存在でしかないと錯覚してしまった小さい頃、できてもできなくてもいいことが、できないといってからかわれたことはなかったであろうか。からかわれると傷つくものである。どうでもいいことに固執して、せっかくの自分の力を発揮できる機…

詳細を見る

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031