カウンセリング

嫌われたくない症候群

みんなに好かれても生きやすくはならない

嫌われるのが怖いと、トラブルは起きやすい。
そして相手を恐れていると、いったんトラブルが起きれば、
トラブルはますます深刻になっていく。

みんなに嫌われないためにいい顔をするから、物事は解決しないで
複雑になっていく。

嫌われたくない症候群の人は、我慢しているのだけれども、
物事がうまくいかない。

嫌われたくない症候群の人は、自分と周囲との間に厳しい対立をつくらない。
しかし周囲の人と気持ちがふれていない。

だから嫌われることを恐れている人よりも、嫌われている人のほうが、
よほど真実があるときがある。

人間、誰でも嫌われる。
しかし「あいつは信用できる」というところで、危機を乗り切れる。

こんなに世の中にたくさん人がいるのに、なんで同じ人間の
しがらみの中で苦しむのか。

嫌われるのは怖い。
でも、みんなに好かれても、生きやすくはならない。

みんなに好かれたからといって幸せになれるわけではない。
嫌われたくない症候群の人は、それがわからない。

嫌われるのが怖い人には親しい人がいないのに、嫌われるのが怖くない人には
親しい人がいる。

嫌われることを恐れている人よりも、嫌われることを恐れていない人のほうが
周囲の人から好かれていることが多いし、信頼されていることが多い。

そのことに、まず気がつくことである。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728