カウンセリング

他人の生き方に気をとらわれてはいけない

2018.11.02

優越感や劣等感に苦しむ者は表面的に見えるものにとらわれる

プライドが高いとか、自信があるとかいうことは、時々誤解される言葉である。
自信があるということと、優越感とは異なるものであるということを
まず知らねばなるまい。

優越感というのは形に基づいて生まれるものである。
それは美人だとか、家柄だとか、学歴だとか、形から生まれるものである。

形が全て一番という人はいないから、優越感を持っている人は
必ず劣等感を持っている。exclamation

それに対して、自信というのは体験、経験、実績などというものから
生まれるものである。それは、生きる信念のようなものである。

自分の生い立ちを含めて、自分はこうして生きてきたという
ところから生まれるのが自信である。わーい(嬉しい顔)

それに対して、ノイローゼ的なプライドが高いというのは、
自分の生い立ちが貧しい時には、そのような自分の生い立ちを
抹殺しようとするものである。手(パー)

優越感や劣等感に苦しむ者は表面的に見えるものにとらわれて、一生を送る。
あの人はダイヤモンドを持っている。
私は10カラットのルビーを持たなければ、という生き方である。

あの人が別荘を持った。私の別荘より大きい、悔しい。ちっ(怒った顔)
こうした生き方である。

こうして他人の生き方に気をとられて、自分の生き方がなくなる。
優越感を味わうことが悲劇の第一歩になる人が多い。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930