カウンセリング

何故人と心が触れ合わないか

相手を思いやる心はない

自分の惨めさを切々と訴えるメールを読んだり、
自分の惨めさを切々と訴える人の話を聞いていると
色々と気がつくことがあるが、その一つはおよそ優しさがないということである。

自分が話している相手の忙しさや体調、時間を考えない。
もちろん相手の興味も考えない。とにかく自分のことしか考えていない。

ほんの少しでも考えれば、書かないだろうことを延々と書いてくる。
とにかく、自分の哀れみを訴えるばかりで、相手のことは全く無視である。

また惨めさを訴える人には夢がない。
夢があれば、それに向かって努力するだろうが、それがない。

夢があれば夢に関心が向くが、周囲の人に関心が行ってしまう。
苦しいのは、みんなが自分を理解してくれないからなのである。

心理的に健康な人なら、辛い時、何故そんなに辛いのかを考える。
そして、どうしたら元気になれるかを考える。

そして親しい人に、こんなに辛いと言う。
そして慰められたり、叱られたりする。

心理的に健康な人が苦しいと言う時には、ある目的に向かって
努力するのが苦しいのである。

優しさは人にエネルギーを与えるが、惨めさを訴える人は
相手からエネルギーを奪う。接しているとこちらが疲れるのである。

敵意や憎しみは、こちらのエネルギーを奪うのだろう。
解決の姿勢は全くなく、ただ苛立ちがあるだけである。

自分の辛さを延々と訴える人にはもう一つ共通の特徴がある。
内容は深刻なわりに気楽に惨めさを訴えてくるということである。

訴える内容は、深刻であっても本気ではないということである。
こちらが真剣に対応しようものなら肩透かしをくらってしまう。

いいように振り回されるだけである。
本当に何とか人生を立て直したいか、ただ気楽に不幸を訴えているかを
見極めるのもカウンセラーには大事な任務である。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031