カウンセリング

神経症者は企業の中で仕事はできない

2019.03.17

自分らしさの誇示

神経症の人が企業でなかなか実績を上げられないのは、柔軟性の欠如による。
相手との交渉で、神経症的な人はいかに自分が正しいかということばかり主張する。

つまり、自分の正しさを主張して、自分を守ることばかり気を遣う。
自分の正しさを主張することが、相手のメンツを結果として傷つけると
いうことなど考えない。

あるいは自分がいかに正しいか主張することが、相手の不利益につながるかと
いうことも全く考えられない。

従って、周囲の者を自分の味方にして交渉を有利に導くなどということはできない。
企業の中で交渉を有利に導きながら仕事の実績を上げるような人は、
自分の正しさを強調することばかりに気をとられる人ではなく、
何が相手にとって魅力あるかを考える人である。

そして相手にとって有利なことで、自分が今できることは何かを考えられる人である。
自分はこんなに素晴らしいのだぞ、ということを誇示することばかりに気を
奪われているような神経症者に、企業の中で仕事はできない。

しかし、これも非現実的なほど高い期待と同じで、なかなか改められない。
頭では理解できたとしても、自分はこんなに素晴らしいのだぞということを
誇示することは、心の葛藤を解決するための手段であるからである。

つまり、自分はこんなに素晴らしいのだぞと人に誇示することで
味わうことを避けようとしている重大な感情がある。

その感情を味わうことを避けるための行為が、自分の素晴らしさの誇示なのである。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031