話しやすい親の下で成長した人は自信のある大人へ成長する

子供から見て話しやすい親になるということは大切である。
子供がいじめで苦しんでいる時に、「何で言ってくれないのだ」と
いう言い方がされる時がある。

それは話せる雰囲気ではなかったということである。
話しにくい親が何度も、「何で言ってくれないのだ」と子供を責める。
こういう親を持った子供は二重、三重に苦しめられる。

学校から帰って来た子供に、「今日、学校で何があったの?」と
聞かなくても、子供の好きなおやつでも出して側で家事でもしていれば、
子供は自然と話をする。

子供の話を聞くということは、子供が話しやすい雰囲気をつくると
いうことである。

それは一言で言って、「家庭が子供に安らぎを与える場所になる」ことである。
そう考えると、子供が本心を言った時には、親は腹が立っても許して
あげることである。本心で言うことが真実なのだから。

ある子は兄弟ゲンカを禁止されて、誰ともケンカをしないでいるうちに、
誰とも心が通じ合わなくなってしまった。

良い子の特徴の一つは、他人とコミュニケーションができなく
なっているということである。

良い子は本心を言わなくなってから久しい。
だからどうしても良い子は人とのつながりが薄い。

そこで問題を起こすのである。