覚せい剤取締法違反の疑い(by 共同通信)

事件概要:
1月初めから16日までの間、東京都内か周辺の地域で覚醒剤を
使用したとして覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで
元プロテニスプレーヤーを逮捕した。
成城署によると1月16日夜、世田谷区内をパトカーで巡回中の
署員が、突然スピードを上げて立ち去ろうとした容疑者の車を発見。
職務質問したところ、ろれつが回っておらず、尿検査で覚醒剤の
陽性反応が出たという。

中野陽夫容疑者(53)
「五行」→大凶。
外見安定、内実然らず。慎まざれば転覆す。神経衰弱。
姓名判断から分かる人物像:
一見のんびりしているように見られがちだが、実際に行動を
起こす時は強引にやろうとする。