カウンセリング

仕事を辞めたいと思ったとき

2019.02.11

勤めた会社は味方にするものであって敵にするものではない

どんな会社に勤めても、誰もが何度かは「辞めたい」と
思ったことがあるだろう。
その時に、喧嘩別れをするのはいけない。

会社がどうであっても、仕事をするうえで大切なのは、
「ひたむきさ」「誠実さ」「奥深さ」である。

「ひたむき」で「誠実」な仕事ぶりであれば、
会社を辞めても評価は残る。

また、「奥深さ」があれば、おもしろい人、魅力的な人として
生涯ずっと付き合っていきたい存在になる。

これは、同僚であっても、上司であっても同じこと。

自分が勤めた会社は自分の味方にするものであって、
敵にするものではない。

あなたが「ひたむき」で「誠実」であれば、辞めた会社の人とも
良好な関係が続いていくはずである。

すると、良好な関係なら辞める必要はないじゃないか、と思う人も出てくる。
そういう時は、仕事がつまらないとか、合っていないと思っても、
会社を辞めずに仕事を続ければいい。

それは、人間関係の結果にすぎなかったということに気づいた結果である。

「仕事がつまらない」とか「自分に合っていない」というのは、
仕事の問題ではなく、人間関係の問題。

「ひたむきさ」「誠実さ」「奥深さ」があれば、
同僚とも上司とも良好な関係になる。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728