カウンセリング

人は自己蔑視すると傷つきやすくなる

人間関係で誤解が生じる原因

傷つきやすい人は、実際の自分を恥ずべきものと感じている。
そして自己蔑視している人が実際の自分を恥ずべきものと
感じていることは、外からは見えない。

そこに色々な誤解が生じる。

自己蔑視している人は、実際の自分を恥ずべきものと感じている。
しかし自己蔑視している人と付き合っている友人や恋人は、
実際のその人を恥ずべきものと感じていない。

逆に素晴らしいと思っていることもある。
この前提の違いは大きい。

人間関係が誤解なく機能するために重要なことは、こちらが相手を
高く評価していることではない。

相手が相手自身をどう評価しているかを、こちらが正しく
理解していることである。

そうでないかぎり、こちらの伝達したい意図は正確には伝わらない。
正確に伝わらないどころか、逆の意味に伝わることさえ珍しくない。

高い自己評価の人同士の場合は、自己蔑視している人達より
はるかに正確に意図が伝わる。

メッセージの送り手もメッセージの受け手も高い自己評価の人の場合、
送り手の意図を受け手が比較的正しく受け取る。

自信のない人は「あら、知らないの?」という一言を聞いて、
すぐに「オレをバカにしている」と解釈する。

そして次は何をしても、「オレを軽く見たな、なめたな」と怒る。
相手がそれを言った時の顔を見ていない。

自信のない人は、だいたい、自分を守ろうとする気持ちが強すぎて、
状況を見ていない。また、相手と自分との今までの関係を顧慮していない。

自信のある人は、相手を誤解することが比較的少ない。
それは相手がそれを言った時の視線を見ているし、相手の行動を見ている。

それらを総合して「あら、見てないの?」という一言を判断する。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031