カウンセリング

あなたは今、何のために努力しているのか

2018.10.18

恐怖心からの努力

その人は、四歳の時、父が亡くなったという。
その頃からすでに、「手のかからない子」と母は言う。カバン

学校に行けば成績優秀で、先生は「何一つ欠点のない子」と
驚いたという。

成長するにしたがい、母子の結合は強まっていったということである。
ますますその子は、母が自分に託している夢を感じとるようになる。手(パー)

つまり、父のように立派になる、ということである。
彼は学業成績を高めるために、ひたむきな努力をしたという。本

この子はやがて、うつ状態になっていくのであるが、まず考えるべきことは、
この子の勉学の姿勢は決して本当の意欲から出ていないということである。

勉強してやろう、立派になってやろう、と自分が願い、
そして奮い立っているのではない。

この子の全ての活動は意欲からではなく恐怖から出ている。
母の自分への期待を感じとり、そしてその期待を実現しなければ母に
気に入ってもらえないという恐怖から、この子は勉強しているにすぎない。exclamation

この子は努力を惜しまなかった。しかしそれは、母への依存性が、
そうさせたにすぎないのである。どんっ(衝撃)

母から息子への要請、それは社会的評価向上の要請である。そして息子は母への
依存が強ければ強いほど、この要請を心理的に絶対なものにしてしまう。

彼がその要請にしたがうのは、母に心理的に依存しているからである。
彼は母親との相互依存的密着を支えに生きているのである。exclamation×2

母子の結合は強固であるが、その条件は、子供が母の要請を受け入れる
限りにおいて強固であるというにすぎない。

したがって彼は努力を惜しまなかったが、それは恐怖にかられて努力していたのである。
決して楽しい努力ではなかったし、また底力のある努力でもなかった。ふらふら

母の要請、父親のように立派な人間になることは、彼を絶え間ない競争に駆り立てた。
しかしそこには心理的ゆとりなど何処にもなかったはずである。

あなたは今、何のために努力しているのか、そのことを一度考えてほしい。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2018年10月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031