カウンセリング

他人の不幸が自分にとっての幸せになるというのは神経症である

2018.10.18

他人が損をすることで気分がよくなる

敵意を抑圧した人々は自分が幸せになろうとする努力はしないで、
他人を不幸にするために努力する。

敵意を抑圧した人々にとって自分が幸せになることよりも、
他人が不幸になることのほうが重要なのである。exclamation

他人が幸せになろうが不幸になろうが、他人が成功しようが
失敗しようが、そんなことより、そんなことと関係なく、
自分の人生の幸せを見つけて生きていこうとする人は心の健康な人である。

失恋した相手が不幸にならなければ気がすまないような人は、
いつになっても自分の人生の幸せを見つけていくことができないであろう。

いつまでも昔の人にこだわって生きている人は
抑圧された敵意を持っている人である。ちっ(怒った顔)

今自分は、自分が幸せになることを本気になって願っているか、
それともある人が不幸になったり失敗することを願っているが、
自分に問うてみることである。

どちらの願いがより切実な願いかである。手(パー)

口では幸せになりたいと言いながら、実は心の底で本気で願っていることが
自分の幸せではなくて、他人の不幸であるというような人を見かける。

自分が向上しようとすることにエネルギーを使わないで、
他人の足をひっぱることだけにエネルギーを使っている人は多い。

皆、心の中に抑圧された敵意を持っているのである。パンチ

時には自分がダメになってもいいから相手の名誉を傷つけようとする人もいる。
他人の努力を無効にするために、自分の努力を水の泡にする人さえいる。

多くの人が、幸せになろうとさえすれば幸せになれるのに、
他人を傷つけることばかりに努力している。

敵意、憎しみが抑圧されると、幸せになりたいという気持ちなど
吹っ飛んでしまうのだろう。

誰でも幸せになりたがっているというのはウソである。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2018年10月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031