カウンセリング

強度な神経症者は手に負えない

2018.10.18

全て物事は自分の思い通りになってしかるべきである

悩んでいる人の言うことは間違っているというよりも、偏っている。
「私はこんなに悩んでいる」ということは確かであろう。

しかしそれだからといって、周囲の人に対して特別な権利が生じるわけではない。
周囲の人に特別の要求をしていいというわけではない。手(パー)

「自分はこんなに必死に会社に訴えた」ということも、主観的には事実であろう。
しかしだからといって、自分が特別な社員になる資格を獲得したということではない。

会社が自分にだけ特別の注意を払う義務があるわけではない。
それにもかかわらず、神経症的な人は、「こんなに必死になって訴えたのに」
あのような許せないとなる。むかっ(怒り)

彼等は自分が、こんなに、これこれをしたのに、と自分のしたことを
強調して相手を責める。

そのように責めることで、相手の罪の意識を刺激して、
自分の要求にしたがわせようとする。exclamation

しかし普通の人には、ここまで強度に神経症的になっては、手に負えない。

このようになってしまうのは、一つにはちょっとしたトラブルにも
耐える力がないからであり、もう一つには全て自分に都合よくいって当たり前、
何かうまくいかないことがあれば、それは許されないことだという
思い込みがあるからである。exclamation×2

とにかく、全て物事は自分の思い通りになってしかるべきである、
と思い込んでいるからであろう。

深刻に悩む人は、たいてい心の底のどこかに、このような考え方を持っている。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2018年10月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031