カウンセリング

自分にだけ何か特別に安易な方法はないかと思う

2018.10.18

何も努力をしないで

神経症的要求を持つ人は、とにかく幸運なり、他人が自分に何か
してくれることを待っている。幸運をいつまでも待っている。

自分のほうから何かを仕掛けていくということをしない。
淋しい時、自分から人に連絡することをしないで、誰かやさしい人が
自分に連絡してきてくれるのを待っている。

素敵な人に誘われるのを待っている。
自分からそういう人を見つけて誘おうとはしない。

誰かが自分に連絡をしてくれるのが当たり前だと感じている。
他人がかけてくるべきなのである。手(パー)

自分の人生は、そのように準備されていると思っている。
自分の人生は、そのようにできているのだという思い込みが心の底にある。

何か興奮するようなことを体験したいと願う。わーい(嬉しい顔)
しかし、自分から何かそのようなことを仕掛けていこうとはしない。

人が何かしてくれると、そのことに不満を言うが、自分からは何も
人のためにはしようとしない。

何かの会があると、幹事に文句を言うが、自分は決して幹事をしない。
というより、自分が人に世話をされるのが当たり前と考えている。

自分を常に、人に世話される立場に置いている。
自分も人の世話をしなければとか、自分はいつも世話をしてもらって
ばかりとか考えない。exclamation

例えば何かの会を企画する。
すると連絡の仕方が悪いなどと文句を言うのは、こうした神経症的要求を
持つ人である。だから最後には、孤立していくのである。

神経症的要求を持つ人は、自分は他人からの申し出を断ったり、
受けたりする立場にいるのが当然だと感じている。

関連記事

連絡先

住所:

東京都調布市小島町1-4-18

TEL:

042-444-3633

カレンダー

2018年10月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031